BentleyのESGフレームワーク

ENVIRONMENTAL

Environment(環境)
  • 持続可能なインフラ
  • 気候とエネルギー
  • 環境マネジメント

SOCIAL

Social(社会)
  • ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョン
  • 人材管理
  • コミュニティエンゲージメント

ESG Overview Governance

Governance(ガバナンス)
  • 倫理とコンプライアンス
  • データセキュリティとプライバシー
  • ESGガバナンス

Bentleyのインパクト: ES(D)G

ES(D)G(持続可能な開発目標の推進)担当ディレクタのRodrigo Fernandes が、持続可能な開発目標の推進をテーマに、国連の持続可能な開発目標に向けてインフラコミュニティはどう貢献すべきかについて、自身の見解をお話します。

持続可能なインフラの推進

2,800万

インフラエンジニア数

Cambashiによると、インフラに携わるエンジニアは世界に2,800万人います。土木、構造、地質工学のエンジニアです。インフラを進化させ、私たちの生活の質を向上させるために日々働いています。


Infrastructure Engineers

$3兆

年間インフラ投資額

経済協力開発機構(OECD)によると、国連の気候および開発目標を達成するには、毎年最大3兆ドルのインフラ投資が必要であると試算されています。
Annual Infrastructure Investment

17

国連の持続可能な開発目標

17項目から成る、国連の持続可能な開発目標とは「現在、そして未来に向けて、人と地球の平和と繁栄を実現するための共通の青写真」であり、世界規模での行動を喚起するものです。持続可能で強靭なインフラは、これらの目標を達成するための基盤として欠かせない要素です。Bentleyのインフラの専門技能は、持続可能な開発に最大級の貢献ができるでしょう。Bentleyのお客様がこれらの開発目標に向けてBentleyの技術をどのように活用されているかをご覧ください。
Sustainable Development Goals

CLEAN ENERGY TRANSITION
クリーンエネルギーへの移行

Power Generation Engineering and Services Company

世界最大規模のソーラーパークの建設

CLIMATE ACTION & RESILENCE
気候行動とレジリエンス

Shanghai Investigation, Design & Research Institute Co., Ltd.

都市部での洪水防止策を特定

HEALTHY COMMUNITIES
コミュニティの健康衛生を改善

ベイエリア大気質管理区

米国大都市の大気質と健康衛生を改善

LAND & WATER RESOURCES
土地および水資源

Advisian

75万人の難民に浄水を提供

YII Infrastructure Yearbook 2021 

Infrastructure Yearbook

毎年、BentleyのInfrastructure Yearbookでは、世界の最も注目すべきインフラプロジェクトを紹介しています。最新のInfrastructure Yearbookデジタル版をブラウズするか、印刷版をお求めください

他のInfrastructure Yearbookを閲覧する