デジタル化 - 都市システム


企画から運営に至るまでデジタルツインを活用

デジタルツインで「実現」のペースを加速

デジタルツインによって、都市インフラを計画、管理する方法も、資産・建物の所有者、行政機関、開発事業者、市民との協働の形や関わり方も根本から変わります。キャンパスレベルまたは都市レベルでの計画や視覚化、群衆および交通モビリティの最適化、洪水レジリエンス戦略の策定、公共事業プロジェクトの管理をはじめ、住民の高いQoL(クオリティオブライフ)を実現するためのさまざまな施策は、デジタルツインによってどのように効率化されるのでしょうか。


漏斗

エンジニアリングエコシステムと統合し自治体の部署間の多分野型ワークフローにより効率化を推進

統合

エンジニアリングおよび開発事業者のサプライチェーンが、プロジェクトの目標を達成し、自治体および住民との連携を可能に

パフォーマンス

データに基づく意思決定、予測解析、シミュレーションによって、資産のパフォーマンスとレジリエンス(耐災害性)を改善

マレーシア政府

ヘルシンキ市

ヘルシンキ市は、世界で最も機能的な都市を目指しており、そのためには、デジタルツインによるデジタル化の推進に注力する必要があります。

さらに詳しく
Aecom

成都市

同市の大規模な多分野型道路・ユーティリティ改善プロジェクトをサポートする設計事務所を後押ししているのが、都市レベルのデジタルツインです。

さらに詳しく
Illinos

カラサタマ地区

都市レベルのデジタルツインにより、計画および関係者間の連携を促進し、Smart Kalasatama Labとのイノベーションを推進しています。

さらに詳しく
Cities Cities Cities

6大陸167都市を対象とした全く新しい調査により、スマートシティとサステナビリティの融合が、いかに都市の繁栄と成長を可能にするレシピであるかが明らかになりました。持続可能な開発目標と、それをより早く、よりコスト効率よく達成するためのスマートシティ構想の両方に焦点を当てることで、都市が新しい課題に対応し、市民の幸福と経済的福祉を増進するためにどのように変化しているか、ご自分の目でお確かめください。今すぐ無料レポートをダウンロードしてください。.