Going digital roads road image

道路におけるデジタル化


企画から運営に至るまでデジタルツインを活用


この3分間のアンケートに回答して、5段階のデジタル化成熟度で自社を評価し、
他の道路・橋梁オーナーと比較してみましょう。

デジタルツインで「実現」のペースを加速

デジタルツインは、道路の設計、建設、および運営の方法を一新します。竣工時の状態を常に最新の状態に更新できる、多分野型の設計・建設チームが一丸となって作業し、運用をサポートするデータを提供できる、あるいは、センサーの測定値などのデータから運用状態をタイムリーに把握して保守や設備改良に利用できるとしたら、資産管理がどれほど効率化するか、想像してみてください。


漏斗

道路・橋梁向けの多分野型ワークフローにより効率化を推進 

統合

サプライチェーンの強化により、プロジェクト目標と運用目標の達成を支援 

パフォーマンス

情報に基づいたよりタイムリーな意思決定により、資産パフォーマンスを改善

Roads Roads Roads

TwinTalks - 道路・橋梁

BIM、3Dモデリング、デジタルツインの重要性と、道路・橋梁プロジェクトのあらゆる側面(設計から建設、運用まで)においてデジタルツインがもたらすメリットについて、業界のエキスパートのディスカッションをご覧ください。