マレーシア政府

Bentleyによるデジタル化


この3分間のアンケートに回答して、5段階のデジタル化成熟度で自社を評価し、
他の道路・橋梁オーナーと比較してみましょう。

マレーシア政府は、東マレーシアの社会経済成長を加速するため、全長786kmの中央分離帯付き4車線道路の開発・保守を目的とする161億5,000万リンギット(MYR)の道路プロジェクトを起ち上げました。

結果

  • AssetWiseを高速道路統合管理システムの基盤に採用し、リスクの軽減、運用効率の向上、規制遵守をサポート。事例の全文を読む
  • ProjectWiseとAssetWiseによるコネクトデータ環境を活用し、データ統合を促進、信頼性の高い情報へのアクセスを合理化
  • デジタルツインを利用して持続可能な資産メンテナンス管理ソリューションを構築。効率化により、数千人時を節約
Safuani Abdul Hamid氏

「パン・ボルネオ・サラワク・ハイウェイプロジェクトではコネクトデータ環境とデジタルツインを用意し、ライフサイクル全体でBentley製品を使用しています」

Safuani Abdul Hamid氏

Lebuhraya Borneo Utara Sdn. Bhd.
最高経営責任者(CEO)

Stub_ist_28715754_ComputerFiles_3XL

AssetWise ALIM

資産ライフサイクル情報管理ソフトウェア

stub_000038646638

ProjectWise

プロジェクトデリバリとコラボレーションソフトウェア

Stub_City_gradient

ContextCapture

リアリティモデリングソフトウェア

資産・ネットワークパフォーマンスソリューション


矢印

Bentleyの道路・橋梁ソリューションの詳細はこちら

image image image