AssetWise ALIM

デジタルツインの基盤

資産のライフサイクル全体を通じて、すべての情報を管理、制御、信頼できます。

資産のライフサイクル全体を通じて、情報を管理、制御、信頼できる

情報の正確さとアクセシビリティを常に提供 

情報、人、プロセスをつなぐ

変更および構成の管理

情報監査

顧客全体の構造化および非構造化情報に対する堅牢な監査証跡により、変更の影響を記録、追跡、および確認できます。


変更の管理

あらゆる種類の欠落データまたは不正確なデータを特定し、ワークフローを推進してデータを迅速に更新します。構成を管理して、要件に適合していることを確認できます。 


データ集約とタグ調整

基礎となるエンジニアリング情報や資産情報を集約し、異なるシステム間でタグレジストリを同調できます。

没入型視覚化

デジタルツインの統合

デジタルツイン内での運用

リモートコラボレーション、トレーニング、シミュレーション、習熟、現場オリエンテーション、作業許可、ロックアウトやタグアウトのための情報に簡単にアクセスし、視覚化できます。位置を可視化し、資産の健全性を監視します。


没入型視覚化

1D、2D、および3DモデルをWebポータルビューに組み込み、誰でも見られるよう視覚化します。 デジタルツインからアクションを実行します。


コネクト環境

資産情報をモデル、IoTデータ、 地理空間情報、および設計情報にリンクすることで、すべての資産のコンテキスト内での全体像を把握できます。

正確、高い信頼性、最新

データ検証

データクリーンアップ

定義された仕様に照らし合わせてデータを検証し、完全性、正確性、および一貫性を確保します。


ソースの比較

さまざまなサイロ間でデータを比較し、問題があれば解決して、信頼できる情報の単一ソースを確保します。


データの一貫性

ライフサイクル全体を通してデータの正確性と妥当性を確保します。情報のコンテキストとその関係を特定し、保持します。