AssetWise ALIM

デジタルツインの基盤

文書管理、データ管理、物理的構成管理を組み合わせた完全な資産ライフサイクル情報システムであり、正確性、完全性、信頼性を確保するために情報の変更を制御・管理する実績のあるワークフローエンジンを備えています。

資産のライフサイクル全体を通して情報を信頼する

設計、建設、運用のライフサイクルの全段階からデジタル情報を受け取り、運用に再利用するために、資産データ、文書、組織、要件、人、プロセスをリンクして、エンジニアリング、運用、保守チームに信頼できる情報を提供します。


正確、高い信頼性、最新

資産登録

ドキュメント登録

文書管理、変更管理、記録管理、配布の各分野を統合する。レビューやコメントのためにドキュメントを配布するワークフローの管理


タグと物理的資産の登録

物理的な資産の完全な設置履歴とともに、機能的な場所への要求を追跡します。


データの一貫性

ライフサイクル全体を通してデータの正確性と妥当性を確保します。情報のコンテキストとその関係を特定し、保持します。

没入型視覚化

デジタルツインの統合

デジタルツイン内での運用

リモートコラボレーション、トレーニング、シミュレーション、習熟、現場オリエンテーション、作業許可、ロックアウトやタグアウトのための情報に簡単にアクセスし、視覚化できます。


没入型視覚化

リアリティと3Dモデル、2D図面との関連で、資産の運用情報にアクセスできるようにする。


コネクト環境

すべてのユーザーが、プロジェクトとパフォーマンスの両方のデジタルツインについて、共通の、検証された、最新のソースにアクセスしていることを確認する。

情報、人、プロセスをつなぐ

構成の管理

構成の識別

資産の内訳構造と番号の仕様を定義し、情報オブジェクト間の関係を把握し、構成ベースラインを作成します。


変更の管理

影響度分析を実行して、変更が発生する前にその影響を把握し、変更の進捗を監視し、同時進行の変更を管理します。


会計・監査の状況

個々の属性変更に至るまでの完全な監査証跡や、未処理の変更要求を含む各オブジェクトの最新のステータス情報にアクセスできます。