AssetWise Reliability

継続的な運用

最適なタイミングで最適な機材を最適な方法で利用

リスクを軽減して予測可能な生産を実現

デジタル化を活用して信頼性を確保

リスクの優先順位付け

重要性を評価し、リスク、安全性、生産やサービスの目標、コストなど、ビジネスにとって何が重要かに基づいて資産の優先順位を決定します。


信頼性を重視したメンテナンス

リスクベースの信頼性についての考え方の基盤を構築し、手動とAI対応の両方の操作について随時意思決定を行えるようにします。


安全性と整合性の管理

資産の故障に対処する際は、リスクベースの検査を利用しプロセス安全性を重視します。

最高の安全性と持続可能性

資産の健全性の監視と管理

接続性に劣るシステムを排除

データサイロ、時間とリソースの浪費、および不十分な意思決定を排除します。逃した機会を取り戻し、より効率的に作業できます。


モバイル検査

現場の技術者が資産を正しく検査し、その場で対策を講じるために必要な情報を提供します。


よりスマートな意思決定

データから実用的なインサイトを取得し、より多くの情報に基づいた意思決定をより迅速に行うことができます。

没入型視覚化

デジタルツインの統合

デジタルツイン内での運用

リモートコラボレーション、トレーニング、シミュレーション、習熟、現場オリエンテーション、作業許可、ロックアウトやタグアウトのための情報に簡単にアクセスし、視覚化できます。位置を可視化し、資産の健全性を監視します。


没入型視覚化

1D、2D、および3DモデルをWebポータルビューに組み込み、誰でも見られるよう視覚化します。デジタルツインからアクションを実行します。


コネクト環境

資産情報をモデル、IoTデータ、 地理空間情報、および設計情報にリンクすることで、すべての資産のコンテキスト内での全体像を把握できます。

さらなる信頼性を実現しましょう