AssetWise Rail Condition Analytics


迅速な追跡で鉄道・輸送の資産パフォーマンスが向上

線形解析の最新イノベーションを使用した予知保全戦略で、顧客が持つデータの可能性を引き出しましょう。


AssetWise Rail Condition Analyticsを使用すると、中小の鉄道・輸送機関が既存のデータに基づく解析ツールや意思決定支援ツールをすばやく導入できます。このソリューションにより、今だけでなく将来も見越して投資利益率(ROI)と信頼性の向上を加速し、線形資産を保持できます。


鉄道保全戦略が最適化されているため、改修の意思決定にかかる時間とコストを最小限に抑えられ、効率、規制遵守、運用パフォーマンスの向上も実現できます。

保全・改修の意思決定の最適化

ベストプラクティス

コスト削減と迅速なROI向上

AssetWise Rail Condition Analyticsは業界のベストプラクティスを活用し、既存の軌道測定状態データをより価値あるものにします。Bentleyのソリューションは事前定義済みのデータインポートツールと線形解析を使用して、導入にかかる時間とコストを軽減し、顧客のROIを加速します。
検証

インテリジェントな状況把握とレポート作成

過去の保全活動の可視化と主要状態スコアの自動レポートにより、先を見越した戦略を策定し、今後の意思決定を予測・検証してサービス、安全性、長期的な資産の信頼性を向上させます。
最適化

将来を見据えた意思決定

以前は大規模な鉄道・輸送機関のみで利用されていた AssetWise Rail Condition Analyticsは、予測テクノロジを活用し、将来を見据えた最適な保全・改修の意思決定の要件を明確にして、業務のスマートな遂行に役立ちます。
コンプライアンスの維持

良好な修理状態

鉄道・輸送ネットワークが良好な修理状態(SGR)で保全されていることを確認します。最適な場所・タイミングで最適な作業を完了することにより、保全活動・保全予算の価値を高めます。

ネットワークの安全性・信頼性の向上をサポート