• OpenFlows WaterOPS

    配水ネットワークの予測型運用インテリジェンス

リアルタイムの意思決定支援

OpenFlows WaterOPSは、都市部の給配水に関して、リアルタイムでの運用およびオプショニアリングの意思決定を支援するソリューションです。OpenFlows WaterOPSは、SCADAのライブデータとキャリブレーションを行った水理モデルを統合し、水道ネットワーク全体の既存の状態と予測した将来の状態を基に、リアルタイムの状態を計算します。OpenFlows WaterOPSを利用することで、直ちに、上下水道の監視地点間のダークデータの可視性が向上します。また、将来のパフォーマンスを予測でき、障害などのイベントや緊急事態に対処できます。

オペレーターと運用エンジニアは、火災、配管破裂、ポンプの運転停止など、急を要する障害が発生し、速やかな意思決定が求められる状況で、さまざまな「what-if」シナリオを評価できるため、自信を持って関係者に情報を提供し、連携できます。また、水道ネットワークへの影響と、このような障害がもたらす顧客への影響も把握できます。

    • OpenFlows WaterOPS
    • Manage Emergency Response
機能
  • 緊急時対応の管理

    • 水理モデルの作成者、計画者、およびオペレータは、ネットワークモデルを使用して、運用上の戦略、戦術、および緊急時プロトコルのさまざまなパターンを安全にテストすることができます。配水および運輸ネットワークの障害耐性と日々の管理を改善できる、安全で安価な選択肢を選ぶことができます。
  • 水の安全性の管理

    • 配水の水理モデルおよびGISを使って物理インフラを評価および調査して、脆弱な地域を判断します。顧客に安全な水を提供するというシステムの信頼性に影響を及ぼす、自然、事故、または故意による汚染から保護します。
  • 圧力の管理

    • 水理ネットワークモデルを使用し、圧力境界と大口消費者に基づいて正確な圧力ゾーンを自動的に決定します。サービスに影響を与えることなく減圧できる地域を把握できます。意図しない高圧によって過度の漏水や配管破裂事故が発生することを回避できます。
  • エネルギー使用の管理

    • 水理モデルを使用することにより、複数のポンプの複雑な組み合わせや可変速ポンプも含めてポンプを正確にモデル化して、ポンプ運用戦略の違いがエネルギー使用量に与える影響を把握します。システムのパフォーマンスを最大化しながらポンプのコストに関するエネルギーを最小化します。
  • ネットワークの状態の監視と評価

    • 下水道GISと水理モデルを使用して、検査、インシデント、対応の記録からマンホール、配管、ポンプの状態とパフォーマンスを監視および予測します。問題を特定して優先順位を付けた後、解決策の選択肢を分析して事前の対応策を講じます。
  • 水道品質のシミュレーション

    • 総浮遊物質や重金属などの汚染物質を多数定義して、その生成、流入、移動、処理をシミュレートできます。
  • エンジニアリングと運用の効率を高める

    • 水道ネットワークの実用的な洞察により、部門間のワークシェアリングを合理化します。 組織がネットワークデータを効率的に追跡、共有、共同作業できるように、従来のエンジニアリング機能によって作成された障壁を取り除きます。
Free Trial
Contact us for a free demo of OpenFlows WaterOPS.
Request Trial
Virtual Series: ACCELERATE OpenFlows

Available On Demand
Experience the power of ACCELERATE working through a typical water distribution hydraulic modeling workflow.

ENROLL NOW
Contact Sales
Tell Me More!

Interested in finding out more about this product?

Contact Sales