AutoPIPE Advanced

ワンランク上の配管応力解析ソフトウェア

生産性を高め、品質管理を強化できます。

AutoPIPE Advanced

確かな解析を迅速に実行

拡張性に優れた高度な統合配管応力解析により、あらゆる規模のプロジェクトで基準に適合した配管設計のデリバリを促進します。

高度な解析機能

AutoPIPE AdvancedはAutoPIPEの機能に加え、埋設管(自動地盤計算機能付)、ASME VIII Division 1および2対応のフランジ解析、力の時刻歴解析、多入力応答スペクトル解析、調和解析、流体過渡解析、応力アイソ図、地震によるアンカーの相対変位(SAM)、波荷重と浮力などにも幅広く対応しています。


サポートを最適化

AutoPIPE Advancedでは、機械学習ベースのサポート最適化技術を利用することで、作業効率の向上と時間の節約が可能です。コンピュータの処理能力をフルに活用し、さまざまなシステム負荷に対する設計コード要件に照らして、何千通りもの可能なサポート構成を評価できます。


産業コードと標準規格を順守

電力、プロセス、原子力、オフショア、化学、石油・ガスなどのさまざまな業界で、グローバルな金属および非金属配管設計コードを用いて、プロジェクトの安全性を確保できます。米国(ASME)、欧州(EN/ISO/DNV/BS)、カナダ(CSA)、ロシア(SNIP)、日本(JSME/KHK)の主要配管コードに加え、水素パイプラインと産業用配管に関するASME B31.12にも対応しています。


価格

7,444ドル

AutoPipe
インド、バンガロール

GE Water & Process Technologies

「AutoPIPEとSTAADのシームレスなソフトウェア統合により、製品認定プロセスが迅速化し、解析と設計のサイクルタイムが60%短縮されました。また、AutoPIPEを使用することで、最終組み立て、加工、生産において設計チームと連携しながら、製品をタイムリーに市場に投入できるようになりました」

AUTOPIPEの概要

包括的かつ高度な配管応力解析ソフトウェア

直感的に操作できるモデリング環境と高度な解析機能によって、生産性を高め、品質管理体制を強化できます。
AUTOPIPEサポート最適化

AutoPIPE Advancedによるサポートの最適化

AutoPIPE Advancedで荷重点を効果的にサポートする方法をご覧ください