AutoPIPE Nuclear

原子力発電所用配管応力解析ソフトウェア

原子力発電所用配管の設計および製造サイクルを短縮できます。

AutoPIPE Nuclear

原子力発電所設計サイクルの短縮

ASME Class 1、2、3に準拠した臨界安全配管を設計できます。

原子力の解析を実行

AutoPIPE Advancedの解析機能を拡張したAutoPIPE Nuclearは、疲労解析、高エネルギー漏出と亀裂の検出、および熱過渡解析にも対応します。


品質を確保

Bentleyの開発およびテスト手順は、ASME NQA-1, ASME N45.2, CSA N286.7-99および10CFR50に準拠しています。QA&Rプログラムの加入者は、10CFR21に対する重大なエラーの報告を受け、当社の検証計算にアクセスすることや手順の監査を行うことができます。


業界の規範と規格を遵守

AutoPIPE Nuclearでは、原子力の安全性に関連するクリティカルな配管応力解析のための米国(ASME Class NBおよびNC/D)および日本(JSME NC1およびMITI501)の配管コードに対応しています。

AutoPipe

AUTOPIPEの概要

包括的かつ高度な配管応力解析ソフトウェア

直感的に操作できるモデリング環境と高度な解析機能によって、生産性を高め、品質管理体制を強化できます。
AUTOPIPEサポート最適化

AutoPIPE Nuclearによるサポートの最適化

AutoPIPE Nuclearで荷重点を効果的にサポートする方法をご覧ください