AutoPIPE Vessel

コスト効果の高い圧力容器設計を実現

圧力容器、熱交換器、タンク、空気冷却器を安全に運用するための正確な設計を作成できます。

AutoPIPE Vessel

圧力容器の設計とモデル化

国際的な設計基準と局所荷重法に基づいて、圧力容器を迅速に設計およびモデリングできます。

規格を遵守

過去10年間の容器設計コードや地域の風荷重、地震荷重、波荷重、衝撃荷重コードなど、地域の規格や国際規格とのコンプライアンスを確保します。

柔軟に対応

既存と新規の両方のプロジェクトを設計でき、見込み作業を排除することで設計時間の短縮と手戻りの削減が可能です。


チーム間の連携強化

包括的な最新の配管応力および構造データをさまざまなチーム間で効率よく共有することにより、時間とエラーを削減できます。


価格

$4,274 から

AutoPipe Vessel

規格を確実に遵守

産業コードと標準規格を順守

電力、原子力、オフショア、化学、石油、ガスの各産業における30以上の国際設計規格を確実に遵守できます。

効率的に設計

圧力容器の設計とモデル化

国際的な設計基準と局所荷重法に基づいて、圧力容器を迅速に設計およびモデリングできます。 フランジ設計を最適化して、設計基準に基づいてコストを最小限に抑え、安全な容器の設計を実現します。

図面規格に適合

容器の詳細図面の作成

詳細図面を自動生成することで、手動による製図時間と手戻りを削減。すべての寸法が入ったエンジニアリング図面を作成し、余白の管理と図面のレイアウト調整を行います。

時間とエラーを削減

容器解析のための配管モデルの参照

AutoPIPEのノズル荷重をAutoPIPE Vesselにインポートして容器シェルへの局所負荷として解析することにより、時間を節約し、エラーを低減します。

Adriana Stefanescu博士、設備プロセス設計・計算力学担当シニアプリンシパルエンジニア、ENCP

Linde AG

「AutoPIPE Vesselは、PV EliteやCompressなどのプログラムより優れているため、容器や熱交換器などの設備の設計や解析に使用しています。他のアプリケーションとは異なり結果が最適化されるため、時間やコストの節約、計算時間の短縮が可能です」

圧力容器の設計とモデル化

包括的かつ高度な容器解析ソフトウェア

国際的な設計基準と局所荷重法に基づいて、圧力容器を迅速に設計およびモデリングできます。フランジ設計を最適化し、設計基準に基づいてコストを最小限に抑えながら、安全な容器の設計を実現します。部品表、容器の詳細図面、および詳細パラメトリック3Dソリッドモデルを作成します。
容器の詳細図面の作成

容器図面の管理

自動化された詳細図面生成により、手動による製図時間を短縮し再作成作業が減少します。 すべての寸法が入ったエンジニアリング図面を作成し、余白の管理と図面のレイアウト調整を行います。 データおよび接続の詳細をカスタマイズして、メーカーの標準に対応します。