• リアリティモデリング

    現実世界の画像をインフラプロジェクトに取り込む

リアリティモデリングソフトウェア

インフラプロジェクトに現実世界の画像を追加します。当社の3D画像および点群処理ソフトウェアによって、既存の用地条件データを取得、処理、または再利用します。取得からモデル化までのワークフローを合理化し、時間のかかる変換作業を排除します。また、画像およびポイントクラウドデータのパフォーマンスを促進し、現実世界の正確な画像をプロジェクトに追加します。
製品
  • Image courtesy of City of Helsinki
    ContextCapture
    単純な写真やポイントクラウドを使用して高精細3Dモデルを迅速に作成し、エンジニアリングやGISのワークフローで活用できます。
  • Image courtesy of City of Helsinki
    ContextCapture Center
    写真やポイントクラウドを使って、設計、建設、運用のワークフローで使用するあらゆるサイズの高精細3Dモデルを迅速に生成できます。
  • Reality Modeling Transportation Image
    ContextCaptureクラウド処理サービス
    最新のクラウド技術を用いて、写真やポイントクラウドから3Dモデルをすばやく生成し、設計、建設、運用のワークフローで活用できます。
  • ProjectWise
    ProjectWise
    デジタルプロジェクトデリバリの時代に向けて
  • stub-mrb-north-east-lidar-photo-match
    Bentley Descartes
    実証済みの画像処理と技術を使用して正確な現実世界の表現を実現するDescartesをご利用ください。
  • stub_MollerCentre_1
    Bentley Pointools
    強力で高速なポイントクラウド視覚化および編集用ソフトウェア
  • OpenCities Planner
    OpenCities Planner
    都市システムの設計、可視化、伝達
  • Orbit 3DM Cloud
    Orbit 3DM Cloud
    Orbit 3DM Cloudは、モバイル、オブリーク、屋内、UAS、または地上のマッピングデータの平面/パノラマ画像、メッシュ、ポイントクラウドを量的な制限なく公開できるクラウドベースのサービスです。
  • Orbit 3DM Content Manager
    Orbit 3DM Content Manager
    データ取得の専門家は、リアリティキャプチャ後そして製作および主要関係者との共有の前に、Orbit 3DM Content Managerを利用して、多様なソースからの大量の画像、ポイントクラウド、および3Dマッピングデータを簡単に最適化、管理できます。
  • Orbit 3DM Feature Extraction
    Orbit 3DM Feature Extraction
    Orbit 3DM Feature Extractionを使用すると、各車両のセットアップに合わせて調整されたテンプレートにより、マッピングデータのインポートが簡単になり、より短時間でビューやフィーチャをエクスポートしたり正確なレポートを作成したりできます。
  • Orbit 3DM Publisher
    Orbit 3DM Publisher
    Orbit 3DM Publisherを使用すると、モバイル、オブリーク、屋内、UAS、または地上のマッピングデータの平面/パノラマ画像、メッシュ、ポイントクラウドを量的な制限なく公開できます。
  • Orbit 3DM SDK
    Orbit 3DM SDKとプラグイン
    SDKを利用すれば、オンラインで共有化された3Dマッピングデータにあらゆるベンダーやシステムからサイズや範囲を問わず接続でき、既存ワークフローへの直接統合が実現されます。また、プラグインにより、Esri、Autodesk、QGISのソフトウェアと完全に統合されます。
注目ポイント