ContextCapture

デジタルツイン向けの4Dデジタルコンテキスト

現実のデジタルコンテキストをプロジェクトに追加し、インフラの課題に対処しながら、十分な情報に基づいて意思決定できます。

現況データを収集、解析、共有

設計、建設、運用、コラボレーションを効率化

あらゆるサイズや精度のマルチ解像度3Dモデルを迅速に自動生成

3Dモデルのキャプチャ

あらゆるデータを入力可能

単純な写真やポイントクラウドを使用して、現況を表す複雑な3Dモデルを生成できます。


正確なモデルの生成

あらゆる精度のマルチ解像度メッシュを生成できます。


納期厳守

最速の処理能力を活かし、最大2個のエンジンでファームを構成して並列処理を実行できます。


価格

$3,392から


リアリティデータの編集と解析

オブジェクトや地域を自動分類

3D機械学習技術を利用し、リアリティデータの検出、位置特定、分類を自動的に行います。


修整

操作が簡単な修整ツールを使用して、リアリティメッシュをすばやくクリーンアップできます。


測定

精度の高いツールでリアリティメッシュを解析および測定できます。


リアリティデータの共有

相互運用可能なフォーマットの活用

3Dモデルを多様なGISフォーマットで作成し、あらゆるワークフローに組み込むことができます。


オンラインで効率的なストリーミング

ストリーミングやWeb発行向けにカスタマイズされた、無数の三角形から成るマルチ解像度メッシュを作成します。


コラボレーションの向上

ローカルビューアを使用して3Dモデルを関係者と即座に共有し視覚化することや、3DモデルをBentleyクラウドにアップロードしてiTwinウェブアプリ用にストリーミングすることができます。