OpenCities Map PowerView

2D設計機能を提供

エンジニアリング品質の空間データを作成、保守

2D地理空間情報の閲覧と編集が中心のユーザーに最適なエントリー製品

インテリジェントな地理空間オブジェクトを作成

フィーチャベースのモデリングによりMicroStationの機能を拡張し、CADベースの地図作成ワークフローを強化します。設計の高速化とエラーの回避を図り、配置方法をカスタマイズすることもできます。


相互運用性の向上

OpenCities Map PowerViewでは、Oracle Spatial、Microsoft SQL Server、Esri File Geodatabase、ArcGIS ServerおよびOnline、PostgreSQL(PostGIS)、Web Feature Service(WFS)などの主要な空間データベースからのインポートや直接の問い合わせができ(読み取り専用)、さまざまなソースからの空間データへのシームレスで直感的なアクセスを提供します。


地理空間SDK開発プラットフォーム

特定分野の専門家が、独自のニーズに合わせて、独自のカスタムGISアプリケーションを作成できます。OpenCities Mapは、カスタムGISソリューションの構築に必要な、基本的な地理空間機能とデータベース接続を提供します。

Computer software screenshot OpenCitiesMap PowerView

OpenCities Map PowerViewをおすすめする理由

大手電力会社は、OpenCities Map PowerViewを使用して、資産の記録と管理を行っています。

Why OpenCities Map. City aerial view, energy and communications

より優れた地理空間ワークフロー

高速ストリーミングとデータへの直接アクセスが可能なシームレスなワークフローで2Dデータを容易に編集、管理できます。

インテリジェントな地理空間オブジェクト

エンジニアリング品質の空間データを作成、保守するための、2D設計機能を提供します。

相互運用性の向上

最も一般的な空間データベースやデータ形式と統合できます。

空間情報を統合

データの整合性を確保し、ビジネスルールを適用。地理空間情報を統合します。

OpenCities Map PowerView

2D地理空間オブジェクトのモデリング

OpenCities Map PowerViewでは、地図資産の閲覧や軽快に操作できる2Dフィーチャの取得・編集が可能です。GPSや編集機能もサポートし、フィーチャの編集が必要な現場業務に最適です。
OpenCities Map PowerView software screenshot showing a 2D urban environment with business properties

カスタマイズ可能なフィーチャ指向の配置方法

OpenCities Map PowerViewは、CAD要素の作成ツールをフィーチャベース要素の作成ツールに転換できる配置方法を提供します。CADユーザーは、引き続き使い慣れたMicroStationの機能を使ってフィーチャベースの地図要素を作成でき、新しいワークフローを習得する必要はありません。また、特定のニーズに合わせてカスタムの配置方法を作成することも可能です。
OpenCities Map PowerView software screenshot customizable feature-oriented placement methods

最も一般的な空間データベースに接続

OpenCities Map PowerViewは、Oracle Spatial、SQL Server Spatial、PostgreSQL(PostGIS)、Esri(FGBD、ArcGIS ServerおよびOnline)など、最も一般的な空間データベースとシームレスかつ直感的に統合します。2Dおよび3Dデータセット全体の信頼できる唯一の情報源を確立し、アクセスが必要な関係者全員に確実に最新のデータを提供できます。

画像提供: Brussels Urbis。Distribution & Copyright CIRB。
OpenCities Map PowerView software screenshot connection in a read-only mode to PostgreSQL/PostGIS open-source database

主要な地理空間ファイル形式との互換性を確保

OpenCities Map PowerViewの相互運用機能を利用すると、Esri SHP、MapInfo TAB、GMLなど他のGISアプリケーションとデータを交換できます。Oracle Spatial、SQL Server、PostgreSQL(PostGIS)、Esri File Geodatabase、ArcGIS Server、ArcGIS Onlineなどのデータベースからのインポートも可能です。データはWFS接続からインポートできます。

画像提供: Brussels Urbis。Distribution & Copyright CIRB。
OpenCities Map PowerView software screenshot importing Esri Shapefile