• AAEngineering Group

    AKSUプラント構造物のデジタルツイン: 企画から運用開始までの実例

    カザフスタン、アクモラ地域、アクス

プロジェクト概要

    • MINING AND OFFSHORE ENGINEERING - AAEngineering Group

金鉱石処理の生産拡大

カザフスタンでの掘削や地質調査により、周辺のアクモラ地域に金鉱石が存在することが確認されると、金の生産者であるAltynalmas社は、資源採掘と年間の鉱石処理生産量を最大500万トンまで拡大するための投資を行いました。2億3,000万ドルのプロジェクトには、新しい処理場、ダム、収容キャンプ、水のパイプライン、220キロボルトの変電所の建設などが含まれ、既存の電力インフラストラクチャのアップグレードが必要でした。AAEngineering Groupは、設計、調達、建設作業全般を担当し、クライアントのデジタルマインプログラムに沿ったデジタル成果物を必要としていました。また、厳しい環境規制や既存の金プラント構造物との統合が求められるなか、限られた設置面積、短いスケジュール、COVID-19下での調整などの課題がありました。

インフラストラクチャの選択肢を可視化し、実行を効率化

AAEngineeringは、クライアントがインフラストラクチャデザインの選択肢を可視化し、プロジェクト実施のために最も多くの情報を得た上で決断できるよう、いくつかのコンセプトモデルを提示したいと考えていました。そこで、デジタルツインを使用して既存の3つの工場とそのオペレーションシステムとのシームレスな統合を実現し、お客様のデジタル化への取り組みをアピールしました。また、工期を短縮してタイトなスケジュールに対応するために、設計と建設を同時に行うことも提案しました。しかし一方で、これらの成果物を達成し、クライアントのスマート鉱業構想を満たして、パンデミック時に遠隔地のプロジェクトチームを管理するために、AAEngineeringは統合されたBIMとデジタルツインテクノロジー、そしてオープンなコネクトデータ環境を必要としていました。

オープンアプリケーションによる統合ソリューション

コンセプトモデリングの段階で、AAEngineeringはProjectWiseを使って共同設計環境を構築しました。ContextCaptureにより同社は、既存の施設や新しい建設現場のレーザースキャンや無人航空機(UAV)で撮影した画像を処理しました。加えて、土工を評価し、OpenRoadsでデジタル地形モデルを作成しました。さらに、OpenPlantを使用して、既存および新規のパイプラインのレイアウトと機器の接続をデジタル化し、クライアントのためにいくつかの概念的な3Dモデルを作成しました。OpenBuildings Designerを使用して詳細設計と建築モデリングを行い、その情報モデルをSYNCHRO 4Dと同期させて建設シミュレーションとスケジューリングを行いました。LumenRTは視覚的な競合を検出し、一方でiTwin Servicesがデジタルツインを確立するためのクラウドベースのプラットフォームを提供するため、クライアントのオペレーティングシステムとのシームレスな統合が可能になり、インテリジェントな採掘プロセスと管理をサポートすることができました。

デジタル化による産業革命  

AAEngineeringは、Bentleyのオープンな3D/4Dモデリングアプリケーションとデジタルツインテクノロジーを用いて、設計と建設の同時進行を行い、プラント構造物のコミッショニングを予定よりも早く行って、建設コストを削減しました。デジタル環境で共同作業を行い、無人航空機による調査で開発モデルを更新することで、設計時間を30%短縮し、交通費を75%削減して、COVID-19下の中、遠隔地での調整や建設管理を最適化できました。正確なモデリングと可視化により、資材を15%削減し、工事中の競合を避けることができました。このデジタルツインにより、お客様は試運転前にオペレーションスタッフのトレーニングを行い、鉱業界に革命をもたらすプロセスの自動化とデジタル化を推進することができます。

プロジェクトプレイブック: AutoPIPEBentley Raceway and Cable ManagementContextCapturegINTiModel.js、iTwin ServicesLumenRTMicroStationOpenBuildings DesignerOpenPlantOpenRoadsOpenSitePLAXISProjectWisePromis.eProStructuresSITEOPSSYNCHRO 4D
成果と現状
  • AAEngineeringは、Bentleyの4Dコラボレーションモデリングとデジタルツインテクノロジーを利用して課題を克服し、COVID-19下に金鉱石処理プラント構造物を納入しました。
  • 調整された設計環境を確立することで、設計時間が30%短縮され、近隣の既存の金型施設との互換性も確保されました。
  • SYNCHRO 4Dを使って毎週UAV調査と施工シミュレーションを行うことで、工期を短縮し、予定より早くプラント構造物のコミッショニングを行うことができました。
  • デジタルツインの開発により、品質管理や意思決定が改善され、デジタル採掘の取り組みをサポートしています。
引用:
  • 「つまり、Bentley Systemsは当市の設計、建設、運用のソリューションを改善することを可能にしたのです」

    Andrey Aksyonov氏 情報モデリング部門部長 AAEngineering Group