• China Railway Changjiang Transport Design Group Co., Ltd.、Guizhou Communications Construction Group Co., Ltd.、Guizhou Bridge Construction Group Co., Ltd.

    太洪長江大橋のデジタル設計および建設

    中国、重慶市

プロジェクト概要

    • BRIDGES - Chongqing Communications Planning, Survey & Design Institute Co., Ltd., Guizhou Communications Construction Group Co., Ltd., Guizhou Bridge Construction Group Co., Ltd.

経済発展に貢献するBridge Link

Taihong Yangtze River Bridgeは、南川地区と梁江新区を結ぶ新しい高速道路網の一部で、中国南西部の重慶市における移動時間の短縮と経済発展を促進するために設計されています。全長1,436メートル、9億人民元の建設プロジェクトには、対面6車線の車道と808メートルの鉄骨吊り橋梁が含まれています。また、橋梁の構造が複雑であることに加えて、現場の複雑な地形、技術的な課題、大規模なプロジェクトチームの調整の問題などがありました。橋梁設計の経験があるChina Railway Changjiang Transport Design Group(CRCTDG)は、エンジニアリングの建設ミスは取り返しがつかず、資源の損失や安全性のリスクにつながることを理解しています。貴州通信建設集団と貴州大橋建設集団は、ライフサイクルの各段階におけるパフォーマンス、品質、安全性、スケジュール、コストを向上させるために、エンジニアリング情報をどのように活用するかを決定する必要がありました。

デジタルコンテキストの確立

CRCTDGは、橋梁のデジタル設計と3D建設シミュレーションの提供を任されました。従来の紙ベースのデータ交換や建設方法では、コストのかかるミスを避け、公共の安全を守るために必要な精度を達成するには十分ではないと認識していました。BIM手法とリアリティモデリングアプリケーションを導入することで、インテリジェントな情報管理を可能にし、高いレベルの精度と品質を確保する方法を模索したいと考えていました。しかしまず、データ収集、統合、コラボレーションの課題をどのように解決するかを決める必要がありました。3DレーザースキャンをBIMワークフローに組み込むことで、ソフトウェアの非互換性を克服し、建設プロセスをシミュレートして、ライフサイクルオペレーションの維持/管理のためのデジタル基盤を提供することができると判断したのです。

Bentleyのアプリケーションで成功を見いだす

CRCTDGは、無人の航空測量データを処理し、高精度の3Dモデルを構築するためにContextCaptureを選択しました。また、このアプリケーションを使って、橋梁サイトの地形モデルを作成したり、等高線をラインや三角メッシュで表示したり、効果的な標高や斜面の解析を行いました。高精度のオルソ写真マップやポイントクラウド、リアリティスキャンテクノロジーを用いて橋梁サイトの地形モデルを作成し、作業の効率と精度を大幅に向上させました。MicroStationは、複数のソフトウェアアプリケーションのモデルを合理化して統合し、プロジェクトのライフサイクル全体を通して単一のデータソースを提供しました。CRCTDGは、Bentleyのオープンアプリケーションを使用して、デジタルワークフローと建設管理プラットフォームを確立し、従来の建設方法における情報のサイロ化を解消しました。デジタルDNAを活用したコネクトデータ環境で、建設プロセスデータとBIMモデルを組み合わせることで、高精度な建設品質管理を実現し、運用および保守管理にも活用できるインテリジェントな橋梁モデルを構築しました。

建設業のデジタル化がもたらすコスト削減効果

Bentleyのオープンリアリティモデリングアプリケーションにより、CRCTDGは設計効率を向上させ、橋梁の設計時間を300時間短縮し、50万人民元のコストを削減しました。協調的なデジタルワークフローと部品のライブラリを確立することで、予定より30日早く橋梁の設計を完成させました。デジタルでシミュレートされた建設環境の中で作業することで、現場での建設管理が改善され、約180万人民元の管理コストを削減し、工期も47日短縮されました。3Dモデルを使用することで、開発プロセスを明確に伝え、プロジェクトのライフサイクル全体を通してエンジニアリング情報を管理し、品質と安全性を確保することができました。CRCTDGのプロジェクトは、大型鉄骨橋梁のインテリジェントな建設のための基礎を築き、重慶市全体の橋梁インフラストラクチャ産業の産業化を促進するために活用されます。

プロジェクトプレイブック: ContextCaptureLumenRTMicroStationOpenBridge ModelerOpenRoads ConceptStationProStructuresRM Bridge

成果と現状
  • China Railway Changjiang Transport Design Groupは、6車線、全長1,436メートルのTaihong Yangtze River Bridgeのインテリジェントな情報管理とコラボレーションの方法を提案しました。
  • ContextCaptureとMicroStationにより、橋梁の設計時間を300時間短縮し、設計を30日早く完了できました。結果的に、50万人民元ものコスト削減が実現しました。
  • デジタルコンストラクションマネジメントを確立することにより、180万人民元の建設管理費をコスト削減し、建設期間を47日短縮しました。
引用:
  • 「CRCTDGは、Bentleyのソフトウェアの応用に関する先見性のある研究と探求により、Taihong Yangtze River Bridgeプロジェクトをデジタル設計と建設のための不可欠なケースとしました」

    Fengmin Chen氏 BIMテクノロジー部責任者 中国鉄道長江輸送設計集団