• ヘルシンキ市

    都市システムのシナジー

    フィンランド、ヘルシンキ市

プロジェクト概要

    • DIGITAL CITIES - City of Helsinki

効率的な首都のためのコラボレーション

ヘルシンキ市は、世界で最も機能的な都市を目指して、都市計画、建設、維持管理のあらゆる面でデジタル化を進めています。すでに、都市モデルがあり、そこでは首都のデジタル化に取り組んでいます。今回、100万ユーロを投じたヘルシンキ市都市システムのシナジープロジェクトでは、これらのモデルの実用性や汎用性を実現するとともに、都市全体のデジタルツインを構築することで、モデルからさらなる価値を引き出すことを目指しています。ヘルシンキ市は、ヘルシンキ3D+、ヘルシンキ市環境課、Forum Virium Helsinkiを採用し、目標達成のために協力しました。

オープンなデジタルシティプラットフォームの提供

市は既存のモデルと、内部のプロセスや公共サービスから得られるデータを統合したいと考えていました。モデルを使って住民と連携し、オープンデータモデルを活用して官民の共同イノベーションを行い、スマートシティと持続可能なカーボンニュートラルの両方の目標をサポートする必要がありました。しかし、500平方キロメートルの都市をモデル化し、すべての資産データを実装して、その結果を自由に公開する必要がありました。そのため、デジタルツインのためのオープンなデジタルシティプラットフォームを必要としていました。

デジタルツインのための資産情報のモデリングと組み込み

ヘルシンキ市は、すでに都市モデルの作成にBentleyアプリケーションを使用していましたが、都市システムのシナジープロジェクトを完成させるために、再びBentleyアプリケーションの使用を選択しました。ヘルシンキ市環境局は、MicroStation、ContextCapture、OpenCities Mapを使用して、500平方マイルの都市エリアのリアリティメッシュと情報モデルを生成および更新し、CityGMLを含むデジタルツインを作成しました。また、ProjectWiseを使用して、コネクトデータ環境を構築しました。一方、Forum Virium Helsinkiは、OpenCities Plannerを用いて、ヘルシンキ市内の0.27平方キロメートルの地区であるカラサタマのデジタルツインを開発し、スマートシティのソリューションを提示して市民の参加を促して、市全体のモデルとしました。ヘルシンキ3D+では、MicroStation、ContextCapture、OpenCities Mapを使用して、都市全体のリアリティと情報モデルを作成、維持しています。また、LumenRTを使用して独自のビデオクリップを制作し、すべての関係者や一般の人々と共有しています。

オープンデータで住民と関係者を結びつける

ヘルシンキ市のオープンなデジタルソリューションは、適切な情報を適切な関係者に結びつけることで、より良い意思決定を可能にしています。都市全体のデータにオープンアクセスできることで、一般市民もプロジェクトの関係者と同じ情報にアクセスでき、透明性が確保され、広報活動の向上にもつながっています。このデータはすでに大学や研究機関で利用されており、その都市モデルは2番目に多くダウンロードされているデータセットとなっています。全体として、ヘルシンキ市は信頼性の高いデジタル化されたデータインフラを提供することで、持続可能なスマートシティ構想をサポートし、市民や訪問者の生活の質を向上させています。今後も、デジタル化の取り組みを拡大し、全市的なデジタルツインの構築を目指していきます。

プロジェクトプレイブック: ContextCaptureLumenRTMicroStationOpenCities MapOpenCities PlannerProjectWise

成果と現状
  • ヘルシンキ市は、ヘルシンキ3D+、ヘルシンキ市環境課、フォーラムヴィリウムヘルシンキを採用し、都市モデルを統合して、活用しました。
  • あらゆる課題を克服し、データを公開するためには、オープンなデジタルシティプラットフォームが必要でした。
  • ヘルシンキ市のオープンなデジタルソリューションは、適切な情報を適切なステークホルダーに結びつけ、誰もが簡単に市のデータにアクセスすることで、より良い意思決定を可能にしています。
引用:
  • 「デジタル都市のシナジーを生むには、戦略的サポート、創造的な開発、各担当者の機動力、最高のツールが必要です」

    Enni Airaksinen氏 3Dスペシャリスト Helsinki 3D+(ヘルシンキ市)