プロジェクト概要

国家規模のデジタルツインを作る

オマーンでは、国家安全保障の向上のために、中東の国土の約250平方キロメートルの詳細なデジタルツインを作成することが求められていました。Khatib & Alamiと契約し、無人航空機(UAV)で約33万枚の画像を撮影して、4万3千のフルテクスチャの建物を含む3Dリアリティモデルを構築しました。オマーンの要求に応えるために、Khatib & Alamiは高い精度を提供しなければならず、125日という厳しい納期に対応しなければなりませんでしたが、飛行と画像撮影に使える時間は14日間だけでした。厳しい日差し、高温、高湿度、強風などの気象条件の中での撮影となりました。厳しいフライトスケジュールの中で、フライトの機会を失う前に、撮影した画像の正確さを確認する必要がありました。

最適なアプリケーションを求めて課題を解決

限られたフライト時間の中で、撮影した画像の精度を確認するために、各チームが並行して作業を行うなど、慎重な管理が必要でした。データを取得してリアリティモデルを作成するための最適なソフトウェアを探すことは、納期と高い精度を両立させるための重要なポイントでした。プロジェクトが始まる前に、Khatib & Alamiはどのようなアプリケーションが最適なのかを検討しました。あるアプリケーションでは、画像サイズが大きすぎて、広い生産エリアで素早く作業ができませんでした。また、別のアプリケーションでは、十分な精度でグランドサンプリング距離(GSD)を計算できず、3 つ目のアプリケーションでは、広い範囲で強固な品質を得ることができませんでした。

Bentleyのアプリケーションで再び成功を見いだす

Khatib & Alamiは、課題を解決するソリューションとして、ついにContextCaptureを見つけました。このアプリケーションは、広大なエリアのリアリティモデリングをサポートし、さまざまなフォーマットの情報を素早く作成して、完全かつスムーズにGISに統合できることをすぐに理解しました。タイリングサポートでは、撮影時のデータエラーを解消するために、正しい画像のマッチを見つけました。再構成アルゴリズムにより、異なる輝度レベルや角度の画像をシームレスに統合することができました。Khatib & Alamiは、ContextCaptureの相互運用性を利用して、キャプチャしたデータを使い慣れたサードパーティのアプリケーションにエクスポートし、3Dリアリティモデルを作成しました。LumenRTを使用して、潜在的な洪水のシミュレーションや昼夜のサイクルを作り出すことができるアニメーションビデオで、デジタルツインに命を吹き込みました。

期待以上のコスト削減

Bentleyのアプリケーションを使用して、Khatib & Alamiはオマーンの期待をはるかに上回りました。UAVフライトは予想以上に多くのデータを取得し、調査範囲を250平方キロメートルから280平方キロメートルに拡大することができましたが、これらはすべて同じ14日間の期限内に行われました。当初の予定では、GSD 10cm、DSM 20cmの精度を目指していましたが、結果はGSD、DSMともに5cmの精度を実現しました。結果が大幅に改善されたにもかかわらず、Bentleyのアプリケーションは、設計プロセス中のコスト削減に役立ちました。自動化により、チームはリソース時間を削減し、15万米ドルのコスト削減に成功しました。想定していた125日ではなく、90日でプロジェクトを終え、さらに48,000米ドルのコスト削減に成功しました。このようにして得られたコスト削減効果は、オマーン政府にも還元され、複雑なシナリオプランニングや最適化されたソリューションにデジタルツインを活用することで、国の安全を守り、あらゆる潜在的な混乱に備えることができます。 

 

プロジェクトプレイブック: ContextCaptureLumenRT

成果と現状
  • オマーン政府は、Khatib & Alamiに、マスカットとその周辺にある43,000の建物を含む250平方キロメートルのデジタルツインを、高いレベルで作成することを依頼しました。
  • ContextCaptureにより、14日間の厳しいUAV飛行スケジュールの中で、33万枚の画像を撮影し、その精度を検証することができました。
  • また、ContextCaptureによって、UAVは予想以上に多くのデータを取得し、デジタルツインを250平方キロメートルから280平方キロメートルに拡大することができました。
  • 全体で125日という期限は厳しいと考えられていましたが、効率性を向上させることにより、大幅なコスト削減を図りながら、わずか90日で仕上げることができました。
引用:
  • プロジェクトを実現するために、チームは33万枚のドローン画像を撮影し、BentleyのContextCaptureとEsri ArcGISを使用して、全エリアの4万3千棟の建物を3Dでデジタルツインモデルとオートベクター化しました。これにより、非常に詳細で高品質な可視化と解析を実現しました。[デジタルツイン]は、品質を向上させ、コストを削減しながら、予定よりも35日早い、わずか90日で納品されました。

    Rouba Zantout氏 マネージャー兼シニアビジネスアナリスト Khatib & Alami