• MCC Capital Engineering & Research Incorporation Ltd.

    HBIS Group Co., Ltd.の楽亭県臨港のデジタル鉄筋プラント基地のBIM技術ベースの建設

    中国、河北省、唐山市

プロジェクト概要

    • MANUFACTURING - MCC Capital Engineering & Research Incorporation Ltd.

世界最大級の製鉄所の移転

中国の唐山市の黎明経済開発区に60億ドルを投じて建設される新工場は、先進的で環境に優しく、インテリジェントな近代工場を目指しています。」534ヘクタールの敷地に42の工場と26キロの道路を擁する大規模な建設生産施設は、非常に複雑な処理システムを備えています。MCC Capital Engineering & Research Incorporationは、多分野にわたる巨大プロジェクトの設計、調達、建設を全面的に担当しました。しかし、従来の設計手法では対応できない技術、エンジニアリング、調整の課題に直面し、さらに現場の制約や厳しいスケジュールも重なりました。

デザインプロセスとアセットのデジタル化

さまざまな場所に10以上の専門分野を持つMCCは、ライフサイクルの資産管理のためのデジタルツインを確立するために、コネクトデータ環境でBIMの協調性の高い手法を必要としていました。デジタル工場を構築し、デジタル化された工場の設計、建設、納入、運用を物理的な工場と同期させ、インテリジェントな鉄骨製造施設を実現したいと考えていました。しかし、このプロジェクトでは、すべてのプラント構造物インフラストラクチャのデジタルモデルを生成し、すべてのコンポーネントでモデルを再構築してデジタル資産を作成して、人工知能やIoT(モノのインターネット)を組み込んで、スマートでエネルギー効率の高いオペレーションのためにデータの可能性を最大限に引き出す、包括的で統合されたモデリングおよび解析アプリケーションが必要でした。

Bentleyアプリケーションによる統合ソリューション

MCCは、地理的に分散している多分野のチームを調整するためにProjectWiseを選択し、4つの設計ユニットと13の建設ユニット間のコミュニケーション効率を向上させました。また、ContextCaptureを使用して斜めからの写真を処理し、サイト全体のリアリティメッシュを生成したり、SYNCHRO 4Dを使用して限られたスペースの中で正確なレイアウトや設置を行うための施工シミュレーションを行いました。MCCはAssetWise ALIMを使用して、すべての資産情報、設計、調達、製造、建設、設置のデータを統合したエンジニアリングデータベースを開発し、デジタル工場の実現に向けた基盤を構築しました。Bentleyのコネクトデータ環境を利用して、デジタルツインを構築し、リアルタイムモニタリングとシミュレーション解析を行い、インテリジェントな製造を実現しました。

インテリジェントなプロセスがもたらすコスト削減 

MCCは、Bentleyの統合アプリケーションを使用して、ワークフローを合理化し、エラーや設計の不整合を減らしました。また、設計サイクルを35日短縮する3DコラボレーションBIMプロセスを導入しました。OpenPlantの相互運用性により、外部パイプラインの設計効率が4倍以上に向上しました。モデルから直接正確な材料リストを作成することができるため、材料の無駄を省き、600万米ドルをコスト削減できました。デジタルツインを構築し、設計、建設、生産、運用情報を統合することで、多次元の視覚的データ統合と資産の透明な管理を実現しました。運用効率を50%向上させ、機器のメンテナンスを最適化してスペアパーツの数量を40%削減しました。このプロジェクトで実現したインテリジェントなデジタルプロセスは、今後の冶金プラント構造物のデジタルデリバリのベンチマークとなるものです。

プロジェクトプレイブック: AssetWiseAutoPIPEBentley Raceway and Cable ManagementContextCaptureLumenRTMicroStationOpenBuildings DesignerOpenPlantOpenRoadsOpenUtilities SubstationProjectWiseProSteelProStructuresSYNCHRO 4D

成果と現状
  • スマートでグリーンな新施設は、534ヘクタールの敷地に42の工場があります。
  • ProjectWiseは、多分野にわたる設計を効率化し、設計サイクルを35日短縮するコラボレーションプラットフォームを提供しました。
  • 建設シミュレーションにSYNCHRO 4Dを使用することにより、プラント構造物のレイアウトの最適化、建設サイクルの大幅な短縮、試運転コストの75%削減を実現しました。
引用:
  • 「このプロジェクトには、機器、インフラ、産業用パイプラインなど多くの分野が含まれており、それらは複雑に入り組んでいます。そのため、設計段階でのミスや脱落、不一致をいかに少なくし、高品質な設計を完成させるかが、プロジェクトチームにとって大きな問題となっていました」

    He Zhang氏 BIMマネージャ MCC Capital Engineering Research Incorporation Ltd.