• 上海市機電設計研究院

    上海電気環保集団の南通廃棄物焼却発電所の技術刷新と技術拡張

    中国、江蘇省、南通市

プロジェクト概要

    • POWER GENERATION - Shanghai Institute of Mechanical and Electrical Engineering

再生可能エネルギーと環境保護への取り組み

Shanghai Electric Groupは、南通市とその周辺地域の約450万人が排出する生活ゴミを解決するために、初のゴミ焼却プロジェクトを開始しました。廃棄物焼却を包括的に利用して、廃棄物を減らし、使えるエネルギーにリサイクルしました。これにより、環境に無害なものにすることができたのです。13億6,000万人民元の技術革新および拡張プロジェクトでは、既存の発電所で元々あった流動床式廃棄物処理ラインを置き換えるために、新たに3つの廃棄物エネルギー焼却ラインを建設する必要があります。設計者のShanghai Institute of Mechanical and Electrical Engineering(SIMEE)は、限られたスペースに新旧の機器を統合するという課題を抱えていました。これに加えて、元の工場を稼働させたまま、1年半の建設スケジュールをこなさなければなりませんでした。

3Dデジタル化への取り組み

このプロジェクトでは、テクノロジーの拡張と改修の間、既存のオペレーションを維持するために必要な、新旧のプラント構造物間に多くの相互作用がありました。また、元々の生産拠点に新設するため、スペースが非常に限られており、全体の施工面積が狭く、作業量が多く、複雑な配管レイアウトになっていました。SIMEEは、従来の2D設計では、建設現場での手戻りが発生し、プロジェクトの遅延や不要なコストの増加につながると認識していました。SIMEEは、堅牢で革新的なソリューションを求め、3Dデジタル化に取り組んでいました。プロジェクトを期限内に完了させるためには、BIMプロセスを採用し、コネクトデータ環境を構築して、10のさまざまな分野間の調整を行って、デジタルツインを生成する必要がありました。

Bentley、BIMとデジタルツインのソリューションを提供

選択肢を調査した後、SIMEEはBentleyの3D BIMとデジタルツインのアプリケーションを選択し、協調性の高いビジュアルワークフローを導入しました。OpenPlant Modelerを使用して、モジュール設計、可視化、競合検出を行い、600以上の競合を事前に発見しました。OpenBuildings Designerを使用して、コンポーネントライブラリを構築し、建物の設計と製造計画を作成しました。Navigatorによって、すべての関係者が3Dモデルをモバイルで閲覧し、機器やパイプラインの特性を確認できました。LumenRTは、プロジェクト全体の没入型レビューを促進しました。Bentley iTwinプラットフォームを使用して3Dモデルからクラウドベースのデジタルツインを生成し、ビジュアルBIMワークフローを効率化するためのコラボレーションプラットフォームとしてProjectWiseを使用しました。

テクノロジーの進化がもたらすコスト削減と持続性

Bentleyの先進的なモデリングと可視化技術は、設計サイクルを2か月から45日に短縮し、全体的な設計品質と深さを50%向上させました。3Dモデルを使用して正確な材料を抽出することで、パイプラインの材料費を約200万人民元削減することができました。BentleyのBIMとデジタルツインのアプリケーションは、SIMEEの人件費を31%削減し、施工ミスを90%削減して、プロジェクトを予定より31日早く稼動できました。中国初のデジタルツインテクノロジー技術を用いた廃棄物発電プロジェクトとして、都市のインフラストラクチャ整備、環境改善、持続可能な開発の促進に大きな役割を果たし、今後の業界の取り組みの指標となっています。

プロジェクトプレイブック:  AssetWiseAutoPIPEiModelHubOpenBuildingsOpenPlantProjectWiseProSteel

成果と現状
  • SIMEEは、上海電気初の廃棄物焼却プロジェクトの設計を任されました。
  • 13億6,000万人民元を投じて行われたテクノロジーの改修および拡張工事では、限られたフットプリントの中で、および限られた工期の中で調整や統合を行う必要がありました。
  • SIMEEはBentley BIMとデジタルツインテクノロジーを適用して管理と情報共有を改善し、材料費と人件費で240万人民元のコストを削減しました。
  • デジタルツインを使用して、視覚的につながった3D環境で作業することで、施工図のレビューが1か月から5日に短縮されました。
引用:
  • 「デジタルツインを活用することで、設計の問題点を事前に把握し、変更を間に合わせることができたため、建設の継続性を高め、建設の変更を少なくして、遅延ゼロを達成できました」

    Yuping Liu氏 エンジニア 上海市機電設計研究院