• ニューヨーク州運輸省

    メジャーディーガンエクスプレスウェイを横切るイースト138thストリート

    米国、ニューヨーク州、ニューヨーク市

プロジェクト概要

    • BRIDGES - New York State Department of Transportation

老朽化した橋梁の架け替え

ニューヨーク市中心部に1938年に建設されたイースト138thストリート橋を、垂直クリアランスの問題解消および交通需要の多さへの対応を目的として架け替えます。下を通るメジャーディーガンエクスプレスウェイと立体交差するダイヤモンドインターチェンジとして機能しているこの橋は、1日15万台の車両と大量の歩行者が通行できるよう、6車線の車道に加え自転車道と歩道を備え、その橋幅は長さを上回っています。ニューヨーク州運輸省(NYSDOT)は、4,800万米ドルを投じ、多数のユーティリティを備えた新しい100フィートのシングルスパン橋の設計・建設プロジェクトを開始しました。幅15フィート、高さ10フィートの複合下水道管路の設計と建設についても検討する必要がありました。

デジタルコンテキストの確立

交通量が極めて多いこの橋はニューヨーク市の交通網の重要なアクセスポイントであることから、インターチェンジとしての機能を完全に維持しながら橋の架け替えを進めなければなりませんでした。そのため、混雑した都市部での建設順序付けと調整が課題となりましたが、ユーティリティの障害と世界的なパンデミックによりさらに困難が増しました。NYSDOTは、参加者、ユーティリティ所有者、プロジェクト関係者、および一般の人々が設計意図と複雑な工程を視覚的に理解できるようデジタルコンテキストを確立したいと考えました。プロジェクトを実装するための主要設計図書としてはデジタルツインの使用が望ましく、また、複雑な上部構造と歩行者コンポーネントの動的3Dモデルを作成するには統合ハイブリッドモデリング手法が必要でした。 

Bentleyのアプリケーションで成功を見いだす

Bentleyアプリケーションに精通していたNYSDOTは、OpenBridge Modeler、ProSteel、MicroStationを採用して橋梁構造全体の精密な3Dモデルを作成し、チームが2D図面一式の助けを借りることなくモデルから直接建設することを契約上可能にしました。非常に詳細で幾何学的に正確なモデルを使用することで、多数のユーティリティとの干渉箇所を特定し、ランドスケープアーキテクトと連携しながら新しい橋を隣接する既存の歴史ある擁壁と調和させることができました。iTwin Design Reviewは、15の機関の180人以上のレビュー担当者がデジタル環境でモデルに簡単にアクセスしてコメントを提供するための一元的なプラットフォームとなりました。また、SYNCHRO 4DとLumenRTは、建設順序付けの4Dシミュレーション作成とアニメーションレンダリングに使用され、効果的な広報用ツールとして役立ちました。

デジタルツインによるデリバリの工業化

NYSDOTは、Bentleyの統合モデリングおよびiTwin技術を使用してデジタルツインを生成し、コストのかかる問題を施工前に特定、解決するのに役立てました。また、SYNCHROによって生成された4Dビデオを提供することで、利害関係者が建設順序を把握するために200以上ある従来型の計画シートを選り分けなくても、建設計画と道路閉鎖を5分以内に把握できるようにしました。これにより、従来の方法では不可能であった住民の懸念の緩和が促されました。契約の一環として提供されたデジタルツインは、設計変更や建築環境を反映するように更新され、資産管理と橋梁検査のツールとして使用されます。高度な建設順序付け、大量の地下設備、膨大な数のプロジェクト関係者を伴うことから、このプロジェクトは、主要契約文書としてデジタルツインを使用して新たな基準を打ち立て、イースト138th ストリート橋のデリバリを工業化しています。

プロジェクトプレイブック: iTwin Design Review LumenRTMicroStationOpenBridge ModelerOpenRoads DesignerProjectWiseProSteelSYNCHRO 4D

成果と現状
  • 混雑した都市部に位置するイースト138thストリート橋の架け替えは、複雑な構造設計と調整が課題でした。
  • NYSDOTは、Bentleyアプリケーションを使って主要契約文書としてデジタルツインを作成し、建設前にコストのかかる問題を特定、解決するのに役立てました。
  • iTwin Design Reviewを使用することで、15の機関の180人以上のレビュー担当者が設計レビューと変更管理を最適化するための統合デジタル環境が整備されました。
  • SYNCHRO 4Dは、視覚的かつ動的な施工順序と交通制御計画の作成に役立ち、プロジェクトをより適切に調整できました。
引用:
  • 「高度な建設順序付け、大量の地下設備、膨大な数のプロジェクト関係者を伴うこのプロジェクトは、主要契約文書としてデジタルツインを使用してできることの新たな基準となります。」

    Zachary Maybury氏 高速道路設計部門、設計チームマネージャー ニューヨーク州運輸省